保険会社のあれこれ医療保険は会社で入るのと個人どちらがお得?

>

おすすめの医療保険の特徴

様々な病気やケガに対応する

保険料が安いことを優先して、医療保険を探す人が見られます。
これから毎月支払う費用なので重要な条件ですが、安すぎる医療保険だと適応できる疾患が少ない可能性があります。
特定の病気やケガの時にしか使えず、他の病気を発症した時に給付金が発生しないのでは、医療保険に入っている意味がありません。

医療保険を探す際は、複数の疾患に使えることを条件に含めましょう。
どのくらいの給付金が発生するのか調べてください。
少ない給付金では、入院や治療をする時の費用が補えません。
保険料が安すぎる医療保険は、適用範囲が狭かったり給付金が少なかったりなどの理由があることを忘れないでください。
安いことだけに惑わされず、使い勝手の良い医療保険を選びましょう。

早いうちに入った方が良い

就業企業の医療保険ではなく、保険会社の医療保険を使う場合は、早めに加入してください。
保険会社の医療保険には、年齢制限や決められているプランがあります。
また年齢の条件は満たしていても、特定の病気をこれまでに発症したことがある人や持病がある人は加入できないなど、細かい条件も決まっていると覚えておきましょう。
年齢を重ねると病気を発症するリスクが高まり、どんどん加入できる医療保険が少なくなってしまいます。

そのため医療保険に入るなら、まだ元気な若いうちに済ませることをおすすめします。
若い人は、自分には関係ないと思わないでください。
いつ病気を発症するかわかりませんし、その時に治療費や生活費を補えなかったら大変です。


この記事をシェアする